介護報酬改定でリハビリ特化型デイサービスへ

デイサービス 開業支援

介護報酬改定でデイサービスは今後どうなるか?

結果の出せるデイサービス

2021年3月27日にインターリハ株式会社主催で行われたオンラインセミナー「2021年介護保険改定の全貌と2024年度W改定に向けた対策」が開催されました。

そのセミナーの講師陣が語った言葉の中で特に印象深かったのが、「結果の出せるデイサービス」というものでした。

つまり利用者の機能訓練の指導を漫然と機械的に行ってるのではなく、利用者の体力や健康状態が改善している、または悪化せずに維持されているという成果を明らかに生み出しているというデイサービスです。

それで、介護報酬の仕組みは、今後はさらに機能訓練加算などが「行う」だけの報酬から、結果報酬という実際的な仕組みに徐々に変わっていくと思われます。

総合リハビリ特化型が生き残る

自立支援に役立つ「総合リハビリ特化型デイサービス」が生き残る時代になるというのが、専門家講師陣の見方です。

総合リハビリ特化型デイサービスとは、機能訓練に加えてADL改善、認知症ケア、口腔衛生の管理、栄養マネジメントなどを含めたサービスです。

これからは、筋・腱・骨格のプロである柔道整復師が自分の専門分野だけで行うデイサービスでは経営が難しくなりそうです。

今回の介護報酬改定3番目のポイント「自立支援・重度化防止の取組の推進」に対応して、認知症ケアなども含めて利用者を総合的にケアして行く施設作りが必要になってきます。

セミナーでは、さらに働く人の環境作りにもICT(情報通信技術)/ロボット/AIなどを活用すること、また様々な投資が必要不可欠である事が示唆されていました。

健康寿命を伸ばす

利用者の健康寿命をしっかりサポートしていく役割

デイサービス利用者が「心から楽しい生活」を送るということは、健康寿命を一日でも長く維持する事です。

そして地域の皆さんに頼られる接骨院・整骨院が「結果の出せるデイサービス」となって、利用者の健康寿命をしっかりサポートしていく役割を果たすことができます。

事実、KIYORA株式会社が現在サポートしているリハビリデイサービス事業者の皆さんは、「結果」をしっかり出しています。

KIYORA株式会社は、リハビリ特化型デイサービスの開業をお考えの柔整師の皆さんを全力でサポートします。

リハビリ特化型デイサービスの開業支援について関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

お問合せ

 

-デイサービス, 開業支援
-,

© 2021 KIYORA株式会社